M&Aによる後継者問題の解決
製麺業 製麺業

伝統の製麺レシピをスピード承継

伝統の製麺レシピをスピード承継
2ヵ月
譲渡企業
業種製麺業
地域佐賀
売上規模3千万~5千万
従業員数10人未満
M&Aの目的後継者不在
譲受企業
業種製麺業
地域大分
売上規模
従業員数
M&Aの目的事業拡大し、シナジー効果の発揮

相談内容(譲渡企業)

地元だけでなく県外からも親しまれている昔ながらの製麺所。
後継者不在により売り手様は事業譲渡を決断。
買い手候補者は既に見つかっていたため、アドバイザリー業務としてトップ面談、条件交渉、契約書作成、クロージング手続きを行うこととなった。

第三者継承(M&A)成約のポイント

門外不出、唯一無二の売り手様の製麺ノウハウの魅力が高かったことが成約の要因と言えました。
トップ面談を行ってからはトントン拍子でディールが進み、相手先が見つかってから、たった2ヵ月での成約となりました。
PAGE TOP © SATO ACCOUNTING FIRM